これからのFXの主流 トラップ系トレードをモノにする!

トラップ系トレードが注目され始めているわけ

トラップ系トレード

トラップ系トレードという言葉を聞いたことはありますか。FX取引のサービスを扱う各社が2013年〜2014年にかけて続々と始めた取引システムで、それぞれが特許申請などをしているため、名称が統一されていません。概ね「トラップを仕掛ける」という概念を持っていることから、これらをトラップ系トレードもしくはトラップ・トレードと呼ぶようになりました。

 

では、トラップ系トレードとはどういったものでしょうか。

 

まず、一般的なFX取引は安いときに買って高いときに売る、もしくは高いときに売って安くなったら買い戻す、というのが基本です。裁量取引では売買のタイミングはトレーダーの予測と勘で行われますが、常に変動をモニタリングしていなければなりません。また、その際には、もう少し上がったら、など感情が入って、思っている取り引きができない場合があります。

 

そこで登場したのがシステムトレードですね。あらかじめ設定された売買ストラテジ(戦略)に従って自動的に売買を進めます。しかし、シストレの欠点は大きな変動について行けなかったり、複数の発注を同時に行えなかったりなどがあります。

 

そして、登場したトラップ系トレードは、為替相場は上がればいつかは下がるという考えから一定のレンジ幅で動くことを考慮し、そのレンジ内でイフダン注文をいくつも設定しておく手法です。トレーダー自身で幅を検討し、システムに自動売買をさせるのです。まさに裁量とシストレのおいしいどころ取り。これがトラップ系トレードなのです。

 

トラップ系トレード

 

トラップ系トレードの3つの特徴

ほぼ自動売買であること

トラップ系トレードは柔軟性のある自動売買です。裁量注文のようにイフダン注文をいくつも発注し、シストレのようにあとは淡々と利益を上げていくだけです。変動がレンジ内にあるときには少額ずつでもコツコツ儲かります。

 

どんな相場でも利益が出ること

トラップ系トレードはレンジの中で上昇下降するレートのどんな状況でも利益を得られます。システムの機能次第ではレンジを突き抜けてしまい、損切りの可能性が出てきても自動的に設定数値を変更して利益を出し続けます。

 

コツコツと取り引きを進められること

トラップ系トレードは裁量取引と比べてかなり細かくレートを刻んで売買します。ですので、例えば1円上がる間に出せる利益総額が裁量取引より高くなります。また、長期に渡ってコツコツと利益を上げていくので、レンジの読みが当たればいつまでも稼ぎ続けてくれます

 

マネースクウェアのトラリピで楽して稼ぐ!

トラップ系トレード

マネースクウェアで利用できるトラップ系トレードはトラリピと呼ばれています。正式には『トラップリピートイフダン』と呼ばれる取引機能のことで、マネースクウェア・ジャパンが特許を取得しています。

 

FX取引でシステムトレードがもてはやされるのは感情を排し、淡々と取り引きを進められるからです。人間は基本的に感情に負けてしまうことがあり、売買の方針を強く心に誓っても相場を見て欲や焦りで売買ミスを起こします。シストレはその感情を排除できるので人気になのですが、トラリピも同様にシステマチックに売買を行えるので人気が出てきています。トラリピはあらかじめ設定した注文を自動的にくり返しますから、ひとつひとつの判断が感情に左右されることがありません。

 

しかも、シストレのように売買のストラテジを理解したり、シストレ用のソフトの使い方を把握していなければならないなどがなく、イフダン注文の延長線上で売買のきっかけを設定しておけるので、すぐにでも始めることができるのです。

 

1000通貨単位だからロスカットの可能性も低い!?

マネースクウェアのトラップ系トレードが優れているのは、取引通貨単位が1000通貨に設定されているからです。このメリットは少額で取り引きを始めることができ、変動の幅が大きくてもロスカットをされにくくすることができる点です。シストレ同様に事前に売買タイミングを設定するので、常にモニターに張りつかなくても済む点も長所です。

 

シストレのデメリットはなにかの要因で発生する急激かつ大きな相場変動時にスリッページが起こり、売買が間に合わずロスカットが発生することです。しかし、トラリピにスリッページはなく、かつ1000通貨単位であればロスカットされる可能性を極限まで抑えることが可能です。

 

また、単位が小さいと、細かく設定を行えます。例えば小さく小刻みに500円くらいの利益が出てるように設定すれば、少額の利益とはいえコツコツ貯めることでいずれ大きな額になります

 

マネースクウェアのトラリピの魅力はまさに冒険はせず、コツコツと確実に儲けていく点にあります。

 

マネースクウェアのリピートイフダンはシンプルなトラップ・トレード

トラップ系トレード

マネースクウェアでできるトラリピのうち、最もシンプルなのがリピートイフダンです。

 

そもそも基本になるイフダン注文は「もし●●●円で買ったら□□□円になったときに売る」といった、新規注文とその反対の決済がセットになった注文です。

 

リピートイフダンはその名の通り、イフダンを何度もリピートさせます。その相場がある一定のレンジで変動している間は、レートが元に戻り次第、再びその売買をくり返し、コツコツと儲けを出していきます。ですので、様々な情報を元に為替相場がある一定の幅の中で動くと予想できた場合は、このリピートイフダンはかなり効果的に威力を発揮します。

 

しかも、マネースクウェアは1000通貨単位で取り引きができるので、ロスカットの心配が少なく、大胆に仕掛けていくことができる点は魅力です。

 

リピートイフダンがトラリピ入門に最適

マネースクウェアのトラリピは正式にはトラップリピートイフダンと呼ばれ、リピートイフダンをさらに細かく刻み、いくつも設定して取り引きする機能のことです。

 

もし、FX取引に関して初心者であるなど、相場の読みにまだ自信が持てない方やトラリピそのものを明確に理解できていない方は、トラリピを始める前にまずはリピートイフダンでトラリピに入門しましょう。実際にシンプルに仕掛けてみれば、トラリピが理解できるはずです。

 

リピートイフダンはあらかじめ設定した注文を自動的にくり返すものです。トラリピのようにいくつものイフダンを同時に仕掛けるものではなく、ひとつのイフダンをくり返すだけです。予測も複雑ではなく、かつトラリピ同様にひとつひとつの売買は設定に従ってシステマチックに行われるので、判断が感情に左右されません。

 

というわけで、マネースクウェアのトラリピ入門はリピートイフダンから始めてみましょう。


トラップ系トレード


東証一部上場会社、マネースクウェアHDのグループ会社

豊富な発注機能に安心の信託保全。また、サポート体制やセミナー、投資教育プログラムも充実していて、1000通貨単位から取引も可能。FX取引の開始を考えているならぜひとも候補に入れたいネット証券会社です。無料でバーチャル取引が体験できる点にも注目!


トラップ系トレードトラップ系トレード

ヤフーグループのFXはおすすめ?

業界最狭水準のスプレッドなので、コストを抑えたFX取引が可能に。大手ヤフーのグループ会社ということで、知名度、信頼度も抜群。各種モバイル、PCに対応している取引ツールは多くのトレーダーから好評を博しています。口座開設の申込は5分で完了という手軽さもおススメ!

トラップ系トレードトラップ系トレード

FX初心者も安心のスプレッドを提供

手数料がゼロ円だから何度も取引を行う人におススメ。信託保全の仕組みがあるのでリスク対策もばっちり。初心者でもわかりやすい直感的な取引画面。口座開設は最短翌々日だから、思い立ったらすぐにFX取引をはじめられます。

トラップ系トレードトラップ系トレード